睫毛貧毛症の治療

睫毛貧毛症とは、まつげの長さや太さが不十分なことです。
グラッシュビスタは、上まつ毛の長さ、豊かさ(太さ)、濃さを改善する塗り薬です。
この薬はもともと、緑内障の点眼薬(ルミガン)でその副作用としてまつげが長くなるのを利用した薬です。日本での臨床治験を行い、正式に厚労省より認可されています。
​この薬は、もともと睫毛が短い人や、抗がん剤などの副作用で睫毛が抜けてしまった人に効果があります。
日本人での臨床試験において、特発性睫毛貧毛症及びガン化学療法による睫毛貧毛症の成人患者にこの薬を4ヵ月間使用した結果、それぞれの患者において、評価スケールで1段階以上の改善が77.3%(68/88例)、及び88.9%(16/18例)の割合で認められました
上まつ毛の長さ、豊かさ(太さ)、濃さについて、デジタル画像により解析をした結果、この薬を使用してから4ヵ月間使用した後、まつげの長さは24%、太さは45%増えました。
グラッシュビスタには140本の綿棒が付属しています
片眼ごと附属の綿棒に、グラッシュビスタを1滴滴下します。

治療は自費診療です

綿棒で上眼瞼辺緑部のまつ毛基部に塗布してください必ず上まぶたのみ使用してください。
他の場所についた薬剤をふき取ってください。下まぶたに塗布すると色素沈着をおこします。
費用は自費診療となります
初回:初診料 3300円+グラッシュビスタ料金 22000円  計25300円
二回目より:グラッシュビスタ料金のみ 22000円        すべて消費税を含みます
一本で約2ヶ月使用できます。 グラッシュビスタ一本に対して専用綿棒140本付きです

Copyright (C) Totikai Eye Clinic. All Rights Reserved.