Copyright (C) Totikai Eye Clinic. All Rights Reserved.

網膜剝離

眼球はカメラの構造に良く似ており、網膜はカメラのフィルムに当たるものです。網膜剥離は網膜が何らかの原因により眼球壁側から剥がれた状態のことです

裂孔原性網膜剥離(れっこうげんせいもうまくはくり)
網膜剥離は色々な原因で起こりますが、最も多くみられるものは、網膜に孔(網膜裂孔)が開き、そこから目の中にある液体が網膜の下に入り込り、網膜が剥がれます。網膜の孔が空いた状態(網膜裂孔)だと視力や視野に影響ありませんが、剝離が広がってくるに従い、視野障害や視力障害が進行します。当然、網膜剝離は、治療が早ければ早いほど治りやすく、視力や視野の障害も少なく済みます。網膜剝離の初期症状としては、飛蚊症(物が飛んで見える)が多く、飛蚊症を急に自覚したら、すぐに眼科に行ってください。
その他の網膜剝離
​網膜剝離には、孔がない網膜剝離や糖尿病などの合併症で起こるものや、網膜の真ん中に孔の開く、黄斑円孔などもあり、それぞれ治療法が違います。
網膜剝離の治療
網膜剝離の治療の基本は、開いた孔を塞ぐのが基本です。
網膜に孔の開いているだけの状態(網膜裂孔)だと、外来通院でレーザー光線で孔の周りを固めれば、治癒することも可能ですが、網膜が剥がれた状態では、入院して手術が必要です。
​どちらにしても、初期の網膜剝離が治りやすく、進行して手術の必要な網膜剝離は、術後の視力の出方も悪く、視野障害などの後遺症も残すことがあります。
網膜裂孔の光凝固。白い点がレーザーも痕です。
しろいぶぶんg
白い部分が網膜剝離