Copyright (C) Totikai Eye Clinic. All Rights Reserved.

多焦点眼内レンズ

3焦点眼内レンズ「PanOptix]取り扱い始めました。

白内障手術の進歩で、手術中や手術後の合併症も少なくなり、国内では年間約100万件の手術が行われています。手術は小さな切開で目の中にレンズを入れることができ、短時間で安全に終了し、入院の必要もありません。一方、長寿社会でより高齢の方が活躍されています。近両用の多焦点レンズを使うことにより、お仕事、スポーツ、車の運転や読書生活がより便利になります。手術後の生活の質(QOL)が向上しました。今まで、先進医療で認可されている眼内レンズは、2焦点眼内レンズで遠くと近くに焦点が合いました。そのため、中間距離に焦点が合いにくいといわれる患者様がいます。特に、コンピュータの画面を見ることが多い患者様からの訴えがあります。

​この度、アルコン社から先進医療適応の遠中近に焦点の合う3焦点眼内レンズ「PanOptix]が認可されました。そこで、当院でも取り扱いを開始いたします。費用に関しては下記に記載します。

「遠方・60cm・40cm」で中間が60cmにピントのピークがるため、40~80cmの連続した焦点距離の見え方の質が良いように設計されています。
​また、乱視用レンズもあります。
従来の2焦点眼内レンズです。眼内レンズの表面に、同心円状の小さなプリズム加工をし、遠くからの光と近くからの光が、同時に網膜上に焦点が合う構造をしており、遠近両方にピントが合う。

こんな人にお勧めします


近くや遠くを繰り返して見る人
コンピュータープログラマーや学校の先生など仕事上近くや遠くを繰り返して見なければいけない人は、いちいちメガネのかけかえの必要がありません。


車の運転をよくする人
車の運転中も頻繁に遠くや近くに視線を移す必要があります。より安全な運転や疲れにくい運転ができます。
ゴルフなどのスポーツを楽しむ人
遠近両用の眼内レンズにすることで、プレーやスコア記載がスムーズになります。
メガネが苦手な人
 メガネが苦手な方やメガネをかけられない職業の人にもお勧めします。
若い人
若くて白内障手術の人には最適です。これから長い人生を過ごされるのに必要なレンズです。

費用 :高度先進医療の適応です
多焦点眼内レンズは高度先進医療適用です。先進医療適応により、白内障手術は自費診療となり、術前術後検査費や投薬費用などは保険適応になる制度です。高度先進医療は厚労省が許可した施設のみできる治療です。これにより従来の手術に比べ、より高度な手術を選択できます。

価格には消費税が含まれております

当院は先進医療施設の認定を受けており、生命保険会社の先進医療特約を契約している方は、保険金を受け取れます。ご希望の方は保険会社に契約内容の確認をして下さい。

すべての白内障手術に適応があるわけではございません。