緑内障

緑内障とは、目の奥の神経が傷んで、視野や視力が悪くなる病気です。緑内障には、特殊な緑内障を除き、大きく分けると慢性の緑内障と急性の緑内障があります。ここでの話は、慢性の緑内障の話です。
緑内障は、我が国の成人の失明原因の第1位です。日本緑内障学会で行った緑内障の調査(多治見スタディ)では、40歳以上の日本人において、20人に1人の割合で緑内障の患者さんが分かりました。緑内障は初期での自覚症状が乏しいため、これに気づかずに過ごしている人が大勢いて、自覚症状がでた時点で手遅れというケースもあります。早期発見・早期治療が極めて重要な病気の一つです。
成人の失明した人の、病気別の割合を示しています
眼圧と緑内障
 目の中には「房水」呼ばれる液体が循環しており、これによって眼内の圧力をはぼ一定にし眼球の形を保っています。この圧のことを「眼圧」と呼びます。つまり、眼圧とは、眼の硬さのことです。眼圧が高くなると(眼球が硬くなると)、目の奥の視神経が障害されやすくなり、緑内障になり易くなります。眼圧の正常値は20 mmHg以下です。しかし、ここで難しい問題があります。眼圧が正常範囲であるにもかかわらず、緑内障になっている人がいるということです。これを「正常眼圧緑内障」といいます。また悪いことにこの正常眼圧緑内障の患者さんが、緑内障の過半数を占めています。だから、健康診断で眼圧が正常であるからという理由で、私は緑内障がないというわけではありません。
緑内障の検査診断
では緑内障はどうやって診断するのでしょうか。緑内障の診断には3つの検査が必要です。眼圧と眼底検査、視野検査です。眼圧は高いと緑内障を強く疑いますが、低くても緑内障になる人がいると先ほどお話しましたが、では眼圧の低い人はどうやって診断するのでしょうか。その一つが眼底検査で視神経の状態を見ます。緑内障という病気を一言で言うと、視神経が傷む病気です。その結果、視野や視力が悪くなります。
 
眼底検査
目の底(眼底)に出ている視神経の頭(視神経乳頭)の真ん中に、小さなくぼみがあり、緑内障ではこのくぼみが大きくなります。このくぼみが大きくなっていると緑内障を疑います。健康診断などでは、「視神経乳頭陥凹拡大」と判定されている場合、緑内障があるかもしれないということなので、眼科受診をお勧めします。
また最近では、光干渉断層計(OCT)などの三次元画像解析装置を用いて視神経線維の厚みを測ることができ、より正確に診断できます。
緑内障患者の視神経乳頭とそのOCT
視神経乳頭陥凹拡大があり、OCTの右下の図の赤い部分の視神経が薄くなっている
視野検査
眼圧が高かったり、視神経乳頭陥凹拡大があった場合、視野検査をします。視野検査は見える範囲を調べる検査です。これで緑内障の重症度や定期的に何回か測ることによって進行具合を判断する事が出来ます。
緑内障患者の視野とOCT。視野の黒い部分が欠損を示している。OCTの赤い部分の神経が傷んでいる。
緑内障の治療
緑内障の治療は、眼圧を下げることです。これが出来れば、進行を防止したり、遅らせたりすることができます。正常眼圧緑内障も、眼圧をさらに下げることで進行を遅らせることができます。ただし、すでに傷んでしまって視神経は、残念ながら回復することはありません。また、どんなに眼圧が下がっても、進行を止められない場合もあります。しかし早期に緑内障を発見できれば、失明に至る危険性はぐっと少なくなります。治療の目的は進行を止める、または遅らせることであり、回復させるものでないことをご理解ください。治療方法としては、薬物療法レーザー治療手術があります。まず、薬物療法(目薬)で眼圧を下げることを目標とします。
​緑内障の治療で最も大切なのは、治療の継続と定期的な検査です。目薬で眼圧が下がっても、点眼を中止すると、再び眼圧が上昇し視野障害が進行します。根気のいる治療ですが自己判断せず、定期的な眼科の受診お勧めします。また、今緑内障でない方も、早期発見のため年に一回から二回程度の眼科受診をお勧めします。これが、一番大切な緑内障の治療です。

Copyright (C) Totikai Eye Clinic. All Rights Reserved.