Copyright (C) Totikai Eye Clinic. All Rights Reserved.

糖尿病性網膜症

糖尿病網膜症とは、糖尿病が原因で網膜や硝子体に出血をおこし、病状が進行すると視力が低下したり失明したりする病気です。糖尿病腎症・神経症とともに糖尿病の3大合併症のひとつです。成人の失明原因の二位です。
 網膜には光や色を感じる神経細胞があり、血管が張り巡らされています。血糖が高い状態が長く続くと、網膜の細い血管が少しずつ損傷を受け、血管が詰まってきます。血管が詰まると酸素が十分に行き渡らなくなり、網膜が酸欠状態になります。その結果酸素不足を補おうと新生血管が出来ます。新生血管はもろいために出血を起こし易くなります。また、何回も出血すると網膜に増殖組織ができ、網膜剥離を起こすことがあります。糖尿病網膜症は、かなり進行するまで自覚症状がない場合おおく、自覚症状が出てからだと、視力の回復も悪く手遅れになることもあります。糖尿病の人は自覚症状がなくても定期的に眼科を受診し、眼底検査を受ける必要があります。
糖尿病網膜症の進行の程度分類
 糖尿病網膜症は、進行の程度により大きく三段階に分類されます。程度の分類で治療の方針が決まります。
単純糖尿病網膜症
 糖尿病網膜症初期です。細い血管(毛細血管)の壁が傷み血管瘤(毛細血管瘤)や、小さな出血(点状・斑状出血)がおこります。この段階での治療は、血糖値のコントロールと眼科での眼底の定期検査です。(3~4ヶ月に一度)血糖のコントロールが良くなれば網膜の所見も良くなることもあります。
 
前増殖糖尿病網膜症
 単純網膜症より、進行した状態です。毛細血管が広い範囲で閉塞すると、網膜に十分な酸素が行き渡らなくなり、新生血管が出現し始めます。また、新生血管から血液の液体の成分が染み出し網膜が腫れたり、たんぱく質が染み出し白斑を作ったりします。網膜の中心の黄斑部が腫れてくると、かすみや視力障害の症状を自覚します。前増殖糖尿病網膜症の治療は、網膜光凝固術を行います。
増殖糖尿病網膜症
 糖尿病網膜症の重症な状態です。新生血管が網膜や硝子体に向かって伸びてきます。新生血管は破れやすく、網膜や硝子体に出血することがあります(図2)。硝子体に出血すると、少量なら視野に黒い影やゴミの様なものが見える飛蚊症がおこります。出血量が多いと視力低下をおこします。硝子体中に出血すると、よく墨を流したようなものが見えるといわれます。また何度も出血をしたり、状態の悪い期間が長いと増殖組織といわれる線維性の膜が出現し、網膜剥離(牽引性網膜剥離)を起こすことがあります。治療には、手術や光凝固術を行います。この段階になると視力の回復が得られないこともあり、失明することもあります。
その他注意すべきこと合併症
糖尿病黄斑症
 網膜症の所見が網膜の中心の黄斑に起こるとかすみや視力低下をきたします。特に黄斑にむくみ(黄斑浮腫)がおこると視力が悪くなります。これを糖尿病黄斑症といいます。逆に、網膜症が黄斑部に起こらなければ、自覚症状がなく自覚症状に気がついた段階で、糖尿病性網膜症がかなり進行しているケースも珍しくありません
 
血管新生緑内障
​糖尿病性網膜症が進行し、目の中の血の巡りがとても悪くなる(虚血状態)になると、新生血管が目の中全体に広がって起こる緑内障のことです。この緑内障は難治で、薬、光凝固、手術も効果が少なく、失明にいたることもあります。
虹彩(茶目)の表面にまでビッシリと新生血管が覆っている。難治な緑内障
糖尿病網膜症の治療
網膜光凝固術
網膜光凝固術にはレーザー光線で網膜を熱凝固し、新生血管の発生を予防したり、新生血管を減らしたりすることを目的として行います。また網膜を広範囲に照射することにより、網膜の中心(黄斑部)の状態をよりよく保つという意味もあります。この治療は失明を防ぐために大切な治療です。網膜光凝固術は外来通院で治療できます。
硝子体手術
レーザー治療を行ったが網膜症の進行進行する場合や、網膜剥離や硝子体出血が起こった場合に対して行われる手術ですです。入院しての治療が必要です。
薬物治療
糖尿病性黄斑浮腫が起こると視力の高度視力低下を引き起こします。黄斑浮腫の原因は黄斑部新生血管から漏れ出る血液成分です。新生血管が出来るのに関連している血管内皮増殖因子(vascular endothelial growth factor:以下VEGF)の働きを抑える薬(抗VEGF抗体)があり、眼内に直接注射することで新生血管を潰して、それによって起こる黄斑浮腫の治療をします。