Copyright (C) Totikai Eye Clinic. All Rights Reserved.

白内障

白内障とは
水晶体が濁って視力が低下する病気です。
水晶体は目の中にありカメラのレンズのような働きをします。
外から入った光は、水晶体を通る時に曲がり、目の底の網膜でピントが合います。その水晶体は濁ってくるので、かすみ感、視力低下、眩しさという症状が出てきます。
主な原因として加齢によるものが多いですが、糖尿病やアトピーなどの全身の病気、目の病気、ステロイドなどの薬剤、外傷、先天性などがあります。 

白内障の治療

白内障は加齢とともに進行していきます。点眼薬もありますがその効果に期待できません。進行とともに視力低下が進み手術が必要となります。
視力を回復するのは手術しかありません。

手術の時期は、個人個人によって異なります。職業や車の運転、年齢その他を考慮し、生活に支障がくれば手術の適応となります。

白内障の手術

傷は2.5mmの小さい切開で手術します。

水晶体の表面の薄い膜(前嚢)を丸く取り除きます

水晶体の濁った部分(核や皮質)を吸い出します

濁りを除いた後、残った袋に眼内レンズを入れます

眼内レンズを真ん中に入れて終わりです

術後の写真です。眼内レンズが真ん中に挿入されています。

多焦点眼内レンズ

手術のときに入れる眼内レンズは、二種類あります。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズです。

​多焦点眼内レンズは、メガネで言う遠近両用の眼内レンズです。詳しくは次をクリックしてください。→Click Here